ビタミンが食事で摂取

ビタミンとは体内で作ることができない、あるいは作ることができても十分な量が作れないため、食物から摂取しなければ、健康を害し、生命活動すら脅かされる可能性のある有機化合物です。体内では栄養源として働くわけではなく、代謝を付ける、あるいは様々な代謝をスムーズに進めるために必要となる物質が多いです。

農林水産省によれば13種類あり、体内での働きはそれぞれ異なると説明されています。

大きく分けるとビタミンは脂溶性のビタミンと、水溶性のビタミンに分けられます。

水溶性ビタミンは水に溶けやすい分、尿などから体外に排出されやすいため定期的に摂取しないとビタミン不足になりやすくなります。

脂溶性ビタミンは油に溶けやすい分、体内に蓄積されやすいので過剰な摂取には注意が必要です。

ビタミンは通常の食事をとっている限りにおいてはビタミン過剰やビタミン不足を心配する必要はあまりありません。

しかし、現在はサプリメントなどの商品も多数販売されており、過剰に摂取することで健康障害が出る可能性もあるため、注意が必要です。

ビタミンの不足や過剰によりそれぞれの症状が異なります。過剰症や不足症を疑うような症状が出た場合には速やかに医師の診断を受けた方が良いでしょう。