東洋医学=漢方

漢方は、古代中国で伝えられていた医学が日本に伝わり、日本の風土や体質に合わせてさらに発達した東洋医学です。
江戸時代に日本に伝わってきた西洋医学が、オランダから伝えられたことから蘭方と呼ばれており、それに対し漢の国から伝えられ始まった医学なので漢方と呼ばれるようになりました。

漢方の考え方としては、症状だけでなく体質も診て、体全体の調子を良くする事で病気も無くなる、という考え方が基本理念になっています。
症状を総合的に見て判断された病気に注目して治療する西洋医学とは違い、それぞれの症状と体質に注目して治療する、対症療法の色が強い医学です。
また、症状だけでなく体質も加味される医学なので、同じ薬でも効果に個人差が出やすい医学でもあります。

よく漢方薬は副作用が全くない、と言うのは誤った認識を持つ人がいますが、症状をなくすことが第一の西洋医学に対し、漢方は体全体を良くする=悪い所を無くすというコンセプト的に副作用が起こりにくい医学といえます。
また、薬効のある植物を始めとした天然の素材を複数組み合わせることで、特定の効果に特化して、目的以外の薬効は弱くする、という薬の作り方をしているのも、副作用が起きにくい理由の一つです。