乳酸菌は腸内環境を整える

乳酸菌とは一口に言われがちですが、数ある善玉菌たちの代表格のことです。

乳酸菌は一つだけではなく、乳糖にオリゴ糖、ブドウ糖などの糖質を栄養として発酵する過程を通過して、乳酸を作り出す菌のトータル的な名称で、乳酸菌と呼んでいます。

食品には乳酸菌を用いて作る種類がありますが、味わいに酸味を感じることがあります。

それはこうした、乳酸の味が出ているためです。

乳酸菌を利用した食品はとても身近であり、バターにチーズ、ヨーグルトなどもそうです。

日本の伝統食である、みそや醤油に納豆なども、乳酸菌のおかげでできる食材です。

乳酸菌を発酵して作られる、ワインや日本酒なども乳酸菌を利用しています。普段美味しくいただく食品には、乳酸があらゆるシーンで使われています。

健康にも良いとされる乳酸菌は、腸内環境を整えてくれますし、免疫力アップにも力を貸してくれます。

免疫はどこで作られるかというと、おなかの中であり、便秘がちな乳母化では免疫力も下がりやすいです。

乳酸菌が適度に入ることで、善玉菌が元気になりますし、善玉菌が増えることで、腸内では善玉菌が優位となります。

順調な腸内環境になるので、便通も良くなりますし、腸内環境の良さは免疫力を上げます。