腸内環境よくしてくれる食物繊維

食物繊維は、水に溶けるものと溶けないものの2種に分けられていて、体内に入ってもヒトの消化酵素で分解されない、食べ物の中に含まれた難消化性成分の総称を指します。

マンナンやペクチン、アルギン酸などでの水に溶けるタイプは、水溶性の食物繊維と呼ばれ、キチンやグルカン、セルロースなどの水に溶けないタイプは、不溶性の食物繊維と呼ばれています。

水溶性食物繊維には、糖の吸収をゆるやかにし、食後血糖値の急激な上昇を防いだり、脂肪の吸収を抑制、胆汁の分泌促進により脂肪の分解を促す、胆汁酸を吸着して体外に排泄する、などの働きがあります。

不溶性食物繊維には、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を改善したり、柔らかい便にしてカサを増やすことで腸のぜん動運動を活発化させ、便が体内に留まりにくくする、などの働きがあります。

食物繊維の働きは、水溶性と不溶性でそれぞれ違うので、健康に生活するためには、両方をバランスよく摂取することが大切です。

野菜や果物、海藻類に多く含まれているので、毎日食事を工夫して食べるようにし、足りない場合はサプリメント等で補うようにしてください。

食物繊維が不足すると、腸内環境が悪くなって便秘がちになったり、痩せにくい体質になるので気を付けましょう。