お肌と野菜の関係について

普段外側からお肌のケアはよくされていると思います。

しかし体内のお肌のケアというのは手抜きがちになっている人が多いのが現状です。

毎日食べる食品で内側から美容のサポートをすることはとても大事なことです。

野菜は健康のためにも毎日摂取しなければいけないものなのです。

お肌にいいとされる野菜を食べることで、美肌に近づくことも出来るのです。

美容のためには、どんな野菜を食べるといいのでしょうか。

また、野菜にはどんな効果があるのでしょうか?今回はその野菜ついてご紹介させて頂きます。

美肌になる為の野菜

野菜といっても様々な種類があり、それを食べていいのかわからない方もいらっしゃると思います。
次に紹介する野菜は美肌効果があると言われる野菜をご紹介させて頂きます。

ほうれん草の美肌効果と栄養素

β-カロテン・ビタミンC・ビタミンB1・鉄など栄養豊富な野菜なんです。
緑黄色野菜の中でもビタミン、ミネラルをまんべんなく豊富に含んでいます。
特に多く含まれるβ-カロテンは、皮膚や粘膜の健康を保つほか、抗酸化作用もあり、細胞の老化を防ぐ働きがあります。
体の酸化を防ぐためにも、ほうれん草は、おすすめ野菜です。

にんじんの美肌効果と栄養素

β-カロテン断然トップの野菜なんです。
にんじんは野菜の中でもβ-カロテン当量の含有量はズバ抜けています。
例えば、ほうれん草やかぼちゃのβ-カロテン当量が約4000㎍(100gあたり)なのに対し、にんじんのβ-カロテン当量は倍以上の約9100㎍(100gあたり)あります。
ほうれん草やかぼちゃはβ-カロテンを比較的多く含む野菜として知られていますが、β-カロテンに関していうと、にんじんは断然トップの野菜です。

かぼちゃの美肌効果と栄養素

栄養源として理想の野菜がかぼちゃです。
かぼちゃは、一度に多くの量を摂りやすいので栄養源としては理想的といえます。
また、多くの野菜は収穫後、日が経つほどビタミン類が失われていきますが、硬く厚い皮で覆われたかぼちゃは、丸ごと日の当たらない場所で保管すると、冬まで栄養価も損なわれず美味しく食べることができる抗酸化栄養素がそろった優良野菜です。

キャベツの美肌効果と栄養素

胃腸の健康におすすめの野菜はキャベツで決まりです。
キャベツの特徴は豊富なビタミンCで、葉を生で2~3枚食べることで、1日に必要なビタミンC量の50%以上が満たされるといわれています。
特にキャベツの外側の緑色の葉や、普段捨ててしまいがちな芯の近くには、ビタミンCが多く含まれています。
また、キャベツ特有の成分として、ビタミンUが挙げられます。
ビタミンUは別名『キャベジン』とも呼ばれている成分で、市販されている胃腸薬にも含まれていることで知られている成分です。